小説 『どちらかが彼女を殺した』東野圭吾 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2011.01.11

小説 『どちらかが彼女を殺した』東野圭吾

どちらかが彼女を殺した

おススメ度:

ストーリー紹介

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

コメント

推理小説なんですけど
犯人は書いてないので自分で考えないといけません。Σ(`□´/)/

でもまぁ誘導はしっかりしてくれているので誘導ポイントをしっかり消化できれば
そんなに難しくはないのでしょうか?(*・ω・)ノ

僕は100%自力ではムリでした。。。

ヒントを貰って「あぁ、こうなのかぁ」みたいな感じorz
小説自体はとても読みやすく飽きもありません。

ポイントは読者が解くという事みたいなのであまり濃い内容でもありませんが、十分楽しめました(´∀`)

兄弟作に『私が彼を殺した』というのもあるようで
そっちも読もうかなぁ。。。(´・ω・`)ξ

BLOG 内のカテゴリ