小説 『ナイフ』 重松 清 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2012.02.08

小説 『ナイフ』 重松 清

naihu

おススメ度:

ストーリー紹介

「悪いんだけど、死んでくれない?」ある日突然、クラスメイト全員が敵になる。僕たちの世界は、かくも脆いものなのか!ミキはワニがいるはずの池を、ぼんやりと眺めた。ダイスケは辛さのあまり、教室で吐いた。子供を守れない不甲斐なさに、父はナイフをぎゅっと握りしめた。失われた小さな幸福はきっと取り戻せる。その闘いは、決して甘くはないけれど。坪田譲治文学賞受賞作。

コメント


良い本です。

重松清さんの作品は小学校の道徳の時間を大人になっても経験させてくれるような、良い時間をくれる作品が多いです。

これも短編~中編のお話がいくつか入っており
それぞれ人の生きる在り方を考えさせられます。
そしてこの考えさせてもらえることがとてもありがたいです。

ただ重松さんの作品をよんで
楽しい気分になったことは今の所ないです。
読むタイミングを間違えると
鬱々とした気分で人に会ったりしないといけないです(*・ω・)ノw


BLOG 内のカテゴリ