小説 『マリシャスクレーム』範乃 秋晴 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2010.09.12

小説 『マリシャスクレーム』範乃 秋晴

マリシャスクレーム

おススメ度:

ストーリー紹介

消費者意識が高まる中、それに付け込んだ非人間的かつ悪質なクレーマー?IPBCの存在が企業の倒産リスクを高めるまで問題化していた。これに対抗すべく起ち上げられたのがエマージェンシーカスタマーセンターである。センターには鼓膜を突き抜ける怨嗟の声が渦巻く。それに微動だにしない青年がいる。榊原常光、唯一の対IPBCのプロフェッショナル。狡猾かつ理不尽な相手に、それ以上に狡猾にそして冷酷に追い詰めていく常光。

コメント

なんか設定が面白そうで読んでみたんですが、
イマイチな感じでした。
文章は主観がどこに置かれているかわからないような、

「今、だれ目線やねん!!」

な文章。
ストーリーは中盤まではまぁ楽しめますが、それ以降は作者さんの息切れなのかどんどん陳腐なものになっていき、最後は

「なんじゃこりゃ...ひどいな...」

と...( -д-)ノ
せめて前半の質のまま最後まで行ってくれれば文章はともかくストーリーとしてはなんとか。。。だったのに。
とても残念でした。

BLOG 内のカテゴリ