小説 『向日葵の咲かない夏』 道尾 秀介 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2012.01.08

小説 『向日葵の咲かない夏』 道尾 秀介

himawarinosakanainatu

おススメ度:

ストーリー紹介

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

コメント


ハズレ?

途中まではとても楽しかったのですが、
何だろう。。。巧くないよな。。。?って感じ。
狙いすぎて失敗した感じですね。
でも文章や狙ってるところ自体には作者の魅力はあったので

違う作品を読んでみようとは思いました^^


BLOG 内のカテゴリ