小説 『君去りしのち』重松 清 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2013.07.31

小説 『君去りしのち』重松 清

君去りしのち

おススメ度:

ストーリー紹介

どれだけ歩きつづければ、別れを受け容れられるのだろう。幼い息子を喪った父、“その日”を前にした母に寄り添う少女。―生と死がこだまする、ふたりの巡礼の旅。再生への祈りをこめて描かれた長編小説

コメント


最近読みました。
ここ最近電車に乗る時間がありその間の小説が結構楽しいですw

でこれ、、、、暗い。。。

でも面白かったですv
作者の考える人の生き死にの在りよう、人生観などが込められた作品でした。
重松さんの小説は基本暗めですけど
共感する所あり、納得する所あり、とても心を思考を豊かにしてくれます。

今回もとてもよかったですm(_ _)m


BLOG 内のカテゴリ