小説『マリアビートル』 伊坂幸太郎 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2013.12.07

小説『マリアビートル』 伊坂幸太郎

mariabi-toru

おススメ度:

ストーリー紹介

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線 <はやて> に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み、物騒な男たちを乗せた東京発の新幹線は、北を目指して疾走する!

コメント


久しぶりに伊坂さんの小説を読みました

大分前の小説グラスホッパーの続編…てほどでもないですが、
同じ世界、業界の話ではあります。
なので登場人物の会話などに登場する人達の名前は懐かしかったりします。
今回も裏稼業、暗殺やら血なまぐさい世界の話なんですが
伊坂ワールド全開の明るく、ポップな文章で物語の視点を各登場人物に次々移し、テンポ良く楽しく読めます。
こんなに人がホイホイ死んでいく列車は怖すぎますがw


BLOG 内のカテゴリ