小説 『長い腕』 川崎 草志 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2010.05.16

小説 『長い腕』 川崎 草志

長い腕

おススメ度:

ストーリー紹介

ゲーム制作会社で働く汐路は、同僚がビルから転落死する瞬間を目撃する。衝撃を受ける彼女に、故郷・早瀬で暮らす姉から電話が入る。故郷の中学で女学生が同級生を猟銃で射殺するという事件が起きたのだ。汐路は同僚と女学生が同一のキャラクターグッズを身に着けていたことに気づき、故郷に戻って事件の調査を始めるのだが…。

コメント

ちょうどいい感じに現代のコンピュータ事情と江戸~明治時代の話が混ざっているミステリー小説です。

面白いです。(・∀・)つ

最初の衝撃的な事件の連続で
どうなんの!?
の心を鷲掴みにされあとは惰性で読めます。

事件の原因も面白いです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ただパソコンとかの知識が全くないと話に入り込むのが辛いかもしれないです。

BLOG 内のカテゴリ