小説 『あふれた愛』天童 荒太 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2012.10.31

小説 『あふれた愛』天童 荒太

あふれた愛

おススメ度:

ストーリー紹介

ふたりでいても、かなしい。ひとりでいても、いとしい。生きていくということ―その意味と真実とは。人々の交錯する心情を通して問いかける四つの物語。

コメント


4編の愛情が主軸にある短編集です。

どの登場人物も心が弱っていて
それにより相手への気持ちの圧力を調整できずに苦しむ。
というような少し暗めで、幸せな気持ちにはなりませんが、
独特の空気感があり、とてもいい本だと思います。

オススメです^^ノシ


BLOG 内のカテゴリ