小説『SOSの猿』 伊坂 幸太郎 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2010.04.03

小説『SOSの猿』 伊坂 幸太郎

SOSの猿

おススメ度:

ストーリー紹介

ひきこもりの青年の「悪魔祓い」を依頼された男と、一瞬にして300億円を損失した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空ーー。物語は、彼らがつくる。

コメント


面白いですよ。。。。でも賛否分かれそうだな。。と。

五十嵐大介さんという漫画作家さんの『SARU』という作品と対になっているらしいです。

そのせいもあるのか話がきっちし完結してない気はします。『SARU』を読めばもう少し納得できるかもしれない。
それでも西遊記の話に絡められたこの物語は
設定自体が非常に魅力的だと思います。


BLOG 内のカテゴリ