1級ウェブデザイン技能検定に合格して57人目の1級ウェブデザイン技能士になりました | サウンドカフェ-SoundCafe-

2017.03.30

IT系

1級ウェブデザイン技能検定に合格して57人目の1級ウェブデザイン技能士になりました

ウェブデザイン技能検定1級


どうも誰もが憧れるあの1級ウェブデザイン技能士のMです。(笑)
今回は合格できた喜びと共に徒然とブログを書きたいと思います。

関係記事

ウェブデザイン技能士

国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関である特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会 が実施するウェブデザインに関する学科及び実技試験 (ウェブデザイン技能検定) に合格した者をいう。 ウェブデザイン技能士は、名称独占資格であるとともに、ウェブ業界で唯一の国家資格である。 等級区分は1級から3級まであり、インターネットスキル認定普及協会が定めた日によって試験が開催される。

去年のこの時期に2級を取得しましたが、「誰が2級やねん!」と取得した事により逆に強調された”1級じゃない感”に反発して取得しました!

とノリで言っても、やはり1級。テストはかなり難しく、参考書などもありませんでした。 また年1回しか試験がないので、1回で取れずに長引くと精神的に重いです。
やるなら1発で決めましょう。。

拘束期間が長い

学科試験が11月末頃にあり実技試験が2月末頃にあります。
実技試験は学科試験の通過者のみが受験資格があります。

半年近くこの試験を意識しながら暮らすってどうなのだろうか。。もっと知名度と地位が上がり、それだけの価値がでることを祈りましょう。

学科は厄介、実技は面倒

今回は、学科試験は78人受験で合格者6人
実技試験受験者14人で合格者4人 ということだと思います。

この割合でもそこそこ厄介そうな臭いがしますね。でも折角取るんだからこれくらい歯ごたえがあった方が良いかもしれませんね!!(白目)

※公式サイトは資料によって7人合格になってますが、コレは運営側の技能検定委員がもしかしたら試験無しで資格を取得できる制度があるのかも??

学科は範囲が広すぎるので確実性を出すのが難しく、実技は過去問を踏襲した問題がでるので確実性は追求できるのですが知識が複合的かつ検索不可の為暗記しとく項目が多かったです。
普段いかに検索に頼ってコーディングしているかが明らかになりました。(笑)

試験の内容は以前書いた記事でも触れたので省きますね。(こちら

副産物

1級受かるように勉強するとPHP技術者認定試験の初級にはそのままで合格できると思います。 実際にPHPの中級レベル参考書を一冊やっつけるくらいは知識が必要だったので、参考書終わった時に試しに受けてみたら受かりました。

▼やっつけたPHP参考書

勉強方法について

1級の実技試験はDBと連携する簡単なCMSを作成する必要があるので参考書を読むだけでなく何度も手を動かすことが最大の勉強になります。

学科試験は知識を詰め込む必要があるのである程度書籍を読みあさり、知らないこと新しいことはGoogle先生に聞きましょう。ひたすら検索です!!
また、過去問から1割くらい同じような問題が出るのでこれらは確実に取りに行きましょう。

ということで2017年現在、参考書がないのでコレをやればOK!ってのはないのですが、下記の参考書くらいの知識は基礎知識として欲しい所です。

感想

なんだかんだで9月以降、半年近く気合い入れて勉強してました。。
受かって良かった。
学科は特にもうやりたくないなぁ。
問題がひろーくふかーい(?)から、そうそうカバー仕切れないんですよね。
今回の学科は色系の問題が多かったです。。シアンになんか恨みあんのか!!?と試験中にちょっと笑いそうになりました。(笑)

しばらく勉強したくないなぁ。。。歌ってギター弾いて遊びたい。。

…試しで取得したPHP技術者認定試験初級も”初級感”でてるよな。。。やるか。。。上級。。(笑)