Windows10の”準備ができたら通知する”が長いので手動でインストールしてみたら… | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015.08.10

IT系

Windows10の”準備ができたら通知する”が長いので手動でインストールしてみたら…

Windows10にしてみたら。。


今年2015年7月29日より配信が始まったWindows10。

Windows7や8の人達は無償アップの対象となっていて僕も予約をしています。

ただ、中々準備段階のステータスから進まないので冒険心から、インストールディスクを作成して手動でインストールしてみました。

準備中とは…
準備中はおそらくドライバ等そのPCを構成するデバイスなどがWindows10で機能するかどうかを調べていると思われます。 準備完了の後アップすればおそらく主要なデバイスでの不具合はないのでは?と考えられます。

インストールディスクの作成方法

メディア挿入後セットアップは30分くらいで完了。

起動も問題なく思っていたより全然スムースになんの問題もなく行きました。

ドライバの合わないデバイス

アップデートして問題になるのが

  • ソフト
  • ドライバ

の2つです。ソフトに関してはあまり問題の報告は見ていないので心配していませんでした。
それよりもドライバが心配でした。

   ・
   ・
   ・

案の定、

デバイスマネージャ

オーディオインターフェースとしても使っているEDIROLのデジタルミキサーM-16DXのドライバが不適合でした。

一応WEB上を探したり汎用ドライバだとか他にも合いそうなドライバを探してパソコン屋さんだったころの知識から無理矢理いれようとしたりしましたが、駄目でした。

ちなみにSONAR Platinumは問題なく起動しました。
動作についてはインターフェースがダメだったんで検証できませんでした・・。

結果/まとめ

入れる前にバックアップを取っていたのでWin8にバックアップからリカバリしました。(40分)

今回は主要なデバイスが使用できなかったので泣く泣く諦めましたが、待ちきれない人は手動でやってみるのもいいと思います。
その際は必ずバックアップを取っておいてください!!

僕はもうしばらく”準備中”を眺めたいと思います。(笑)