映画『ダウト』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2010.03.10

映画

映画『ダウト』

movie-dauto

おススメ度:

ストーリー紹介

1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。
校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。
ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持っているのではないかと疑念を抱くが……。

コメント

これは、宗教的背景、人種意識が違う日本人には難しい気がします。
100%心情を理解できる。とはいかないですね。

でもタイトルのダウトというテーマはかなり忠実に
作り上げられていると思います。
観ていると保守的な考えにイラっとすることもしばしば・・・(゚皿゚メ)

BLOG 内のカテゴリ