どんでん返し系の詐欺師ストーリー映画『カラスの親指』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015.06.18

映画

どんでん返し系の詐欺師ストーリー映画『カラスの親指』

カラスの親指

おススメ度:

ストーリー紹介

ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこかマヌケな相棒のテツ(村上ショージ)。ある日、ひょんなことからまひろ(能年玲奈)という少女と知り合ったのをきっかけに、二人は彼女と姉のやひろ(石原さとみ)、その恋人の貫太郎(小柳友)と共同生活を送るハメになってしまう。全員が不幸な生い立ちを背負っていたこともあり、彼らは次第に奇妙な絆を育んでいく。そんな中、タケが過去に自分が引き起こした事件が深く関わった大勝負に挑むことになる。テツやまひろたちも一致団結し、一大詐欺作戦が動き出すが……。

コメント


面白かったです。2012年公開の阿部寛さん主演、詐欺師をテーマにしたどんでん返し系の映画です。

ストーリーの原作は道尾秀介さんの推理小説です。
映画が面白かったのでこちらもチェックしてみたいと思います。

どんでん返し系なので内容は書かないですが、全体通してスリリングなシーンもどこかのんびりとしていて、”のほほん”な雰囲気がとても良かったです。

芸人の村上ショージさんが大事な役を担っています。これに関しては肯定的な意見も多いようですが、個人的には関西弁の抜けきらない変なテンションのしゃべり方と棒読みな学芸会の感じが駄目でした。


BLOG 内のカテゴリ