映画『のだめカンタービレ最終楽章 後編』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2010.04.18

映画

映画『のだめカンタービレ最終楽章 後編』

おススメ度:

ストーリー紹介

のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。そんな折り、千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共演話が持ち込まれる。その演奏曲であるラヴェルの「ピアノ協奏曲ト短調」は、のだめが千秋との演奏を熱望した曲だったが、二人の圧倒的な演奏に打ちのめされたのだめは激しく落ち込む。

コメント

楽しかったです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚
あのユニークな世界観はとても良いですね。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
ただ、いつもより元気の少ないのだめのシーンが目立ちました。
僕は前編の方が好きでしたけど女の子は後編の方が好きかな?と感じました。
残念なのは僕が観にいった劇場のスピーカーがショボカッタんだと思いますが
音楽自体に迫力が少なかったです。
・・・劇場のせいです。映画のせいではないです。と思います。

BLOG 内のカテゴリ