映画『真実の行方』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2011.02.06

映画

映画『真実の行方』

おススメ度:

ストーリー紹介

冬のシカゴで地元の大司教が惨殺され、大司教のもとで教会のミサを手伝っていた青年アーロンが容疑者として逮捕された。自分の名前がテレビのトップニュースに取り上げられることに目がない辣腕弁護士マーティン・ヴェイル(リチャード・ギア)がアーロンの弁護に飛びつくが、ちょうどそのころ検察当局はこちらも辣腕検事として名を馳せていたジェーン・ヴェナブル(ローラ・リニー)を担当検事に任命し、第一級殺人の罪でアーロンを起訴するように指示する。しかし、この事件の背後に潜んでいたとんでもない腐敗とスキャンダルをまだこの二人が知る由もなく、一本のビデオテープを機に裁判は思わぬ方向へ動き始めた。

コメント

面白かったです(・∀・)
2本柱の面白さですね。
法律、裁判の問題点を描き出す事。
それとは別のサスペンスの要素。
最後のドンデン返しはビックリさせられました。( -д-)ノ
良い映画です。

BLOG 内のカテゴリ