映画『探偵はBarにいる』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2013.02.02

映画

映画『探偵はBarにいる』

おススメ度:

ストーリー紹介

東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍する探偵のもとに、コンドウキョウコと名乗るナゾの女から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼が舞い込む。簡単な依頼のはずが、探偵はその直後に命を狙われ、不可解な事件に巻き込まれていく。
監督:橋本一
原作:東直己 『バーにかかってきた電話』
出演者:大泉洋 松田龍平 小雪 西田敏行 高嶋政伸

コメント

結構前にレンタルになってずっと狙ってたんですがやっと借りる機会があり見ることができました(・◇・)ゞ
これは映画というよりなんかTVドラマを見ている感じでした。
映画とドラマの違いってなにか?
と聞かれると答えられませんが、強くその印象を持ちました。
大泉さんのキレ芸演技は好きなんで存分に楽しめましたw
お話も面白くないわけではないので普通に見られます^^
でも特にオススメな映画ではなかったです。

BLOG 内のカテゴリ