B’z 2枚組アルバム “The 7th Blues” 収録曲 『春 / ビーズ』 を歌ってみました | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015/05

歌ってみた

B’z 2枚組アルバム “The 7th Blues” 収録曲 『春 / ビーズ』 を歌ってみました


「ただ歌ってみたいから歌ってみた」
みたいな短絡的な”歌ってみたシリーズ”です。(笑)

今回は、B’zの『春』という曲を歌ってみました。
YoutubeでB’zの楽曲をお中心にピアノアレンジで演奏しているkamedayoriさんの弾いているこの曲が格好良かったので使用させてもらいました。
ピアノとても上手です。楽しそうです。(`・ω・)イイナァ

1994年3月に発売の『The 7th Blues』という2枚組アルバムの2枚目6曲目に収録されています。暗めの曲ですが、きれいな曲です。

ちなみに、このアルバムはB’zがそれまでのアイドル的な路線からアーティスト、ミュージシャン的な路線にシフトしたアルバムです。
僕は中でもDAMN YANKEESというバンドのの『DON’T TREAD ON ME』という曲に似ている……そんなの知ってるけど、『JAP THE RIPPER』という曲が大好きです。(笑)

Damn Yankees – Don’t Tread On Me

歌ってみて

感想

発売時期とはズレますが、高校生の時とかに良く聞いていたアルバムなので歌うのは楽しかったです。
歌詞冊子を見ないで何となく覚えていたので 「逢うたびつぼみは焦かれてく」 という歌詞を改めて字面で見た時「あれ?”やかれてく”じゃなかったっけ?」と戸惑いました。
※曲上は”やかれてく”で合ってました。(辞書ではそんな読みなかったけど…)

課題

録音すると気づくのですが、声が軽いですね。曲のテイストも相性が悪いのか声質に含まれる中~低域の部分が足りないです。なので色気が圧倒的に足りない。
なんとかしてカバーする歌い方やそれ以外の方法を探すことが課題です。