ワンオク 映画 ”るろうに剣心” タイアップ曲 The Beginning / ONE OK ROCK を歌ってみました | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015/04

歌ってみた

ワンオク 映画 ”るろうに剣心” タイアップ曲 The Beginning / ONE OK ROCK を歌ってみました


ワンオクロック The Beginning を歌ってみた

先日、サイトを作り替え、続いて

「このサイト、サウンドカフェをPCの分解や機器の修理から音楽のサイトへ寄せる為にいろいろやる!」

ということを記事にしましたが、その一つであるいろんな音源を上げてみようという試み第一弾です。

The Beginning / ONE OK ROCK

なにを歌おうかな?

と考えていた時、YouTube上でJOD5368さんという方が作成している音源がかなりかっこよかったので使わさせてもらいました。
JOD5368さん:The Beginning Cover ボーカル練習用 ( off Vocal ) Ver.2

ワンオクロックの歌は英語詞と日本語詞を入り乱れて使い、テンポも早いのが特徴なので流れを覚えるのが少し難しいです。
ただ、覚えてしまうと気持ちよく歌える曲が多いです。
ONE OK ROCK:オフィシャルWEBサイト

この曲は映画『るろうに剣心』のタイアップ曲で結構聴いたことがある人も多いんではないでしょうか?

原曲ミュージックビデオ

歌う際のポイント

僕ができているかどうかは別としまして、以下”きづき”ポイントです。

ワンオクロックの歌は全般通して言えるのが

  • 半シャウト
  • 英語詞をキッチリ発音する
  • リズムを合わせる

を意識することが大事。ということです。

少し声を張るところがあれば、喉の奥の奥の方の締め方と呼気量のバランスを調整してドライブをかけるように半シャウトの状態で歌います。
個人的にはしゃくった後にこの状態にひっぱてくるのが楽なんですが、ワンオクはしゃくり上げる歌い方はしないので、(今回のUP音源で僕はやっちゃってますが。)喉の奥の奥の方を平べったくして出します。

あと、原曲を集中して聴くと分かりますが、英語が歌詞に忠実に発音されています(特に語尾)。英語が上手いかどうかは僕には判断できませんが、日本人には上手に聞こえるのは言葉を真面目に歌っているからだと思います。

最後にワンオクの曲はアップテンポの曲が多いので遊べる部分がそんなに多くないです。なので聴く人のことを考えると不快、不安にならないようにキッチリ原曲通りのリズムにはめていくことを優先した方が良いです。

まとめ

はじめはカラオケ程度に歌ってとりあえずUPしようと思ってましたが、

コーラスないと変じゃない?

掛け合いないとおかしくない?

とやってたら結構時間がかかっちゃいました。でも作るのは結構楽しかったです。
音源UPしてくれていたJOD5368さんに感謝です。ありがとうございます。