ポップパンクなアルバム!疾走感、爽快感!『Put Up Or Shut Up』 / ALL TIME LOW | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015.04.22

CD

ポップパンクなアルバム!疾走感、爽快感!『Put Up Or Shut Up』 / ALL TIME LOW

put-up-or-shutup

おススメ度:

Song List

  • Coffee Shop Soundtrack
  • Break Out! Break Out!
  • The Girl's a Straight-Up Hustler
  • Jasey Rae
  • The Party Scene
  • Running From Lions
  • Lullabies

コメント


アルバムタイトルは 「やるならやれ、そうじゃないなら黙ってろ」 という意味です。

ポップパンク(+エモ)なアルバムです。 3曲目が好きです。これは少しエモ的な雰囲気が強いですが、A Bからサビへの切り替えがなんともクセになります。

アルバムを通して聴いたときに残念なのが、日本国内のCDには、ボーナストラックとして2曲目のBreak out! Break Out!のアコースティックバージョンが8曲目に収録されていて、これが今までの疾走感と爽快感、7曲目の終曲感の余韻を台無しにしています。

ボーナストラックで喜んだことって少ないんですけど、必要なんですかね?

03.The Girl’s a Straight-Up Hustler


音楽・音楽制作 内のカテゴリ