DAWソフトの比較 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015.01.16

DTM / DAW

DAWソフトの比較

blogImg


今日はたくさんあるDAWのソフトについて価格・ターゲット等の視点から比較、紹介をしていきたいと思います。
これからDAWをはじめる人や各ソフトについて調べてる人の参考材料になれば、幸いです。

そもそもDAWって?というのはこちらを参照してください。

今回、比較調査の対象とさせてもらうのは下記ソフトたちです。

比較対象ソフト
  • Cubase7.5
  • SONAR X3
  • ProTools 11
  • Digital Performer 8
  • Logic
  • Studio One Version2
  • Singer Song Writer10

最後のSingerSongWriterだけ格下というかターゲット層が違うのですが(初心者向け)僕がDAWをはじめるきっかけになってくれたソフトで、とても使いやすく今も使ってたりするので上記ソフト群に加えさせてもらいました。

なぜ同じようなソフトがたくさんあるの?

何を選ぶか

2014年現在、各ソフト共に機能やPCの推奨スペックなど前提条件は共通していて、基本できることにもそう違いはないです。

じゃあなにが違うの?

となるとおもいますが、

“それぞれ歴史があってコンセプトがあってクセが出て、結果、向き不向きが若干ある。”

というところです。

下記が大体どのソフトも推奨しているPCのスペック(仕様)と基本的に行える作業です。

推奨PC性能
  • CPU:デュアルコア以上(Core2Duo以降)
  • メモリ:2GB~(4GB以上を推奨)
共通機能
  • MIDI 録/再
  • オーディオ入出力OK
  • 楽譜入力可

個人的にはPCのスペックはCorei5 2.5GHz以上 メモリ8GB以上は積んでたくらいがストレスないと思います。(同時使用のプラグイン数やトラック数などに大きく左右されるので断言はできませんが)

※2015年1月現在のデータです

ターゲットユーザー

下記に表形式で価格帯やターゲットを大まかに区分します。

※2015年1月現在のデータです

ソフト/メーカー 価格帯(円) 対応OS ターゲット
SONAR X3
/Cakewalk
18,500
~58,500
Win7~ プロ並みの作曲をしたい人
実演奏に自信のない人
付属プラグインがたくさん欲しい人
Windowsが大好きな人
Cubase7.5
/Steinberg
12,117
~59,800
Win7~
Mac10.7~
プロ並みの作曲をしたい人
実演奏に自信のある人
ソフトの将来に信頼性を求める人
Protools以外で固い選択がしたい人
ProTools 11
/AVID
~74,800 Win7~
Mac10.8~
プロと同環境で作曲をしたい人
レコスタとデータをやりとりする人
Digital Performer 8
/MOTU
52,200 Win7~
Mac10.8~
プロ並みの作曲をしたい人
Logic
/APPLE
 61,000~ Mac10.8.4~ 実演奏に自信のない人
付属プラグインがたくさん欲しい人
ループ素材が好きな人
Macが大好きな人
Studio One Version2
/PreSonus
37,000 WinXP~
Mac10.8~
プロ並みの作曲をしたい人
このソフトに惚れ込んだ人
今のソフトの代わりを探している人
Singer Song Writer10
/INTERNET
33,000
~60,300
WinXP~ DAW初心者で挫折したくない人
楽譜入力が好きな人

価格帯にかなり幅がありますが、これはソフト自体にグレードがあって下位グレードには機能制限があったり、同梱のプラグインの数が違ったりといろいろあります。

大体、ここ10年くらい

  • 入門Ver:15,000~20,000円
  • スタンダード:25,000円~38,000円
  • プロ仕様:55,000~80,000円

の価格分けで推移している気がします。

また、これとは別になにか機材を買った時に一緒についてくる廉価Verもあり、そちらで試してみるのも良いと思います。

偏見や不見識な部分もあるかと思いますが、僕の持つ印象と心象なども反映されているので、勘弁してやってください。m(_ _)m

現在はどのソフトも似た機能に統一されてきていますが、そもそも発祥の経緯が違うので得意分野、不得意分野がまだ残ってる感じがあり、ターゲットとするユーザーも少しずつ違ったりするようですね。

まとめ

少しでも参考になったでしょうか。

僕自身も初めてDAWのソフトを選ぶときはかなり苦労して調べましたw
高校生~の頃YAHOO!で検索をしては楽器屋の店員さんに聞いて、必要な物をピックアップして、MTRと共存させるために四苦八苦していた記憶があります。