楽器収音用の高性能コンデンサマイク!! audio-technica ATM350D | サウンドカフェ-SoundCafe-

2017.03.08

楽器 / 機材

楽器収音用の高性能コンデンサマイク!! audio-technica ATM350D

atm350d


楽器用コンデンサマイクATM350D

高い音圧への耐性をもつ楽器・打楽器・環境音などの収音に特化したコンデンサマイクの紹介です。 今回は特にスネアやタムなどの設置にも考慮して作られたATM350Dについてです。

独自設計のドラムマウント

スネアやタムなどに確実にグリップするドラムマウントのAT8491Dを使用することでプレイの邪魔にならない、ポイントがずれない、付けたままチューニング・調整ができるといったうれしい設計になっています。

audiotechnica-atm350d

歪むことのない耐音圧設定

最大入力の音圧レベルが旧モデルの149dBから159dBまで上がっています。この数値はまず歪んだ音を聞くことはできないだろうというレベルのものなので、 「もし歪んだら…」みたいな心配は一切不要ですね(笑)

録れる音はとても素直な音

所持しているAT4040も含め、全般的にaudio-technicaのマイクは「素直で色付けなし」という感想を持っていますが、このマイクもそのままな印象です。

音の自体のキャラクターは収音前もしくは収音後の処理であるべきで、マイクはただの入り口。できる限り「素」を連携しようとする姿勢ですね。

紹介動画

感想・まとめ

1つ40,000円。ドラムにセッティングするなら複数必要というのを考えると個人で持つには少し高めですね。
それでもドラマーでDAWやってという人なら十分検討に入るものだと思います。

ドラム以外の楽器収音と考えるなら単発でOKなんで考慮対象ですね。ただ専用のドラムマウントは不要になるので他の選択肢もあるかもですね。

楽器用マイク紹介

今回紹介したaudio-technicaのATM350Dとその他、楽器用マイクの購入ページをいくつかご紹介。
アフィですね。有名どころですけど踏みたくなかったらスルーで…(笑)

仕様

形式 バックエレクトレット・コンデンサー
指向性 単一指向
周波数特性 40kHz~20kHz
感度 3.5mV/Pa
外計寸法 12.2(φ)×37.8(H)mm(マイク部)
18.9(φ)×92(H)mm(モジュール部)
重さ 104.5g