機能美?装飾美?ギターのポジションマーク-インレイの形状と材質を調べてみた | サウンドカフェ-SoundCafe-

2015.05.29

楽器 / 機材

機能美?装飾美?ギターのポジションマーク-インレイの形状と材質を調べてみた

position


ここ最近ギターに関する事を幾つか記事にさせてもらっていますが、今日もその流れです。

ただ、僕はギタリストではないのでちょっとミーハーな部分を突いていこうかと思います。ということで今日は、
“ポジションマーク(フィンガーボードのインレイ)について”
まとめたいと思います。

“ポジションマーク(フィンガーボードのインレイ)とは

機能としてのポジションマーク

フッレット数を目視で確認しやすいように,
(1),3,5,7,9,12,15,17,19,21,(24) フレット
に入る装飾がポジションマークです。

これがあることで押弦するときフレット数の判断がしやすくなります。
(上手い人や立って弾くのがメインの人はネックのサイドにある小さなポジションマークを目安にしている場合が多いです)

見た目としてのポジションマーク

ギターの弾きやすさや音の良し悪し等の本来追求する所とはかけ離れていますが、 “目立ってこそ!” とはじめる人も多いギターなどにおいて装飾は大事なポイントです。

ポジションマークのインレイは遠くからでも見えますし、ギタリストの手元を見る際に必ず一緒に見る場所でもあります。 なのでここにアクセントを置きたい人も多いのではないでしょうか?

またインレイが美しいギターは見ているだけで惚れ惚れとするのでコレクター的な満足感も満たしてくれます。

代表的なインレイの材質

パール

MOP

マザーオブパール(Mother-of-Pearl)と呼ばれたりする材質です。 オーソドックスながらも美しい派手さはないが、品があるのが特徴です。

アバロン

アバロン

あわびに由来する材質です。虹色に輝くのが特徴で、とっても派手で豪華な印象を与えます。

パーロイド

パーロイド

パールに良く似た見た目の人口材(セルロイド)です。 樹脂を粘土のように練って貝の模様に見えるように作られています。 意外とキレイでぱっと見、パールと分からなかったりします。

LED

LEDインレイ

材質というか、
「暗いステージでも目立ちたい…光らせちゃえ」 という考えで生み出された?(笑)光るポジションマーク。 暗めのステージでは一番目立ちます!難点は少しおもちゃみたいに安っぽくなってしまうところでしょうか?

その他

アイボロイド(人口象牙)、パイレック(強化ガラス)、金、ターコイズ、さんごなど 豪華に見える為、目的の装飾の色合いを出す為に使用される材があります。

インレイの形状/種類

各メーカーの特別仕様のものなどもありますが、良く見かけるインレイをまとめてみました。

ドットインレイ

ドット

最もポピュラーなポジションマーク

ブロックインレイ

ブロック

ドットインレイと並びポピュラーなマーク
パール材がよく似合う

ヘキサゴンインレイ

ヘキサゴン

六角形のマーク
マーチンなど高級感溢れるアコギに良く付いている

ダブルパラレログラム

ダブルパラレログラム

菱形を二つ並べたマーク
Gibsonのアコギハミングバードなど

スロテッドダイヤモンド

スロッテッドダイヤモンド

小さめの菱形に切り込みがあるようなマーク

スノーフレークインレイ

スノーフレイク

雪の結晶のようなマーク
上記のスロテッドダイヤモンドとの組み合わせもある

ディッシュインレイ

ディッシュインレイ

Gibson系のギターに多く見られる台形のインレイ

シャークフィン

シャークフィン

Jacksonギターに見られる

シャークトゥース

シャークトゥース

Ibanezギターに見られる
treeoflife

ツリーオブライフ

エレキだとIbanezが有名だが
他メーカーにも存在する

バードインレイ

バードインレイ(PRS)

鳥が飛ぶ姿のマーク
PRSのギターに付く

ムーンインレイ

ムーンインレイ

一見ドットインレイに見えるがサークルの中で
素材が分かれていて月のようになっている

まとめ

いろんな形状があってそれぞれ、渋さや華やかさ、カッコよさがあって面白いですね。 アーティストのシグネチャーなども見てみるとさらに独特のインレイを見つけることができると思います。

ギターを弾くという側面にはあまり関係ないかもしれませんが、こういう所も結構面白いと思うので見てみると良いかもしれません。

ではでは。