雨、あめ、アメ | サウンドカフェ-SoundCafe-

2009/01

注目

雨、あめ、アメ

歌詞

作曲:M  作詞:M

外は雨 僕は唯一人で
窓のこちらから 空を見上げてる
外は雨 途切れず降り続く
雲は低く強く 大地を濡らしてゆくよ

外は雨 僕は唯一人で
窓のこちらから小さく呟く
外は雨 無関係に降り続く
水玉が跳ねて光を放つ

外は雨 僕は唯一人で
窓のこちらから 空に触れてみる
外は雨 途切れず降り続く
道端の水が僕を誘って流れる

外は雨 僕は腕を広げ
窓の向こう側へ 足を踏み出す
外は雨 無関係に降り続く
目に映る全てが色を取り戻す

誰もが皆おかしいと目を背けながら
心の中じゃ僕を指さして笑うけれど
気持ちを静めるため誰にも聞こえないように
ここで本当に小さな声で歌うんだ

外は雨 外は雨 外は雨
外は雨 雨 あめ アメアメ

外は雨 僕は唯一人で
立ち止まったまま 空を見上げてる
外は雨 いつまで降り続く
雲の隙間から光が漏れる
誰かの上に光が漏れる

この曲に関して


外が雨の時の歌です。(笑)

雨が降ると濡れた物の色が艶やかに、鮮やかに見えます。そこから作った曲です。別にロマンチックな感じではなくただ、
「なんかつやつや…」
って感じです。

自分が絶対に濡れないところにいながら見る雨は好きです。

濡れるのはいやです。バイクとかの時はもう最悪です!