きみがとなりにいた | サウンドカフェ-SoundCafe-

2008/01

きみがとなりにいた

歌詞

作曲:M  作詞:M

歩き疲れてへたり込む
僕に君が囁く
「あなたとならどこへでもいけそうだよ」

ほらごらんよ 虹がみえるだろう
光る雫に愛の花を
少し濡れた墓石に手をかけ
また立ち尽くす

いつか見たこの景色を
また君と見たかったな (まぶしいくらい)
はしゃいでいた光景が
現実と複雑に交錯する

どこにいても何をしていても
君が隣にいた  (You and I were there)
生まれ変わってまた会えるかな
唇かみしめる

今ならもっと優しい気持ちで
君の全てを許せるのに
君がいないから
遅すぎた自分を許せない

歯ブラシも姿見も
全部あの頃と同じだよ 
意味はないと知っていても
君を待たずに過ごすことができない

心が引き裂かれた痛み
いつか消えるのかな?
できるならいっそこのままで
君を感じていたい

どこにいても何をしていても
君が隣にいた  (You and I were there)
生まれ変わってまた会えるかな
唇かみしめる

歩き疲れて繰り返す (Ah-Ah)
君がくれた言葉を
「あなたとならどこへでもいけそうだよ」

この曲に関して


SoundCafeを立ち上げた年の初めに作っていた曲です。
この曲を作り始めたくらいからWebサイトSoundCafeを作ることを考え始めました。

これ以前に作った曲もまたいつか聴いて貰えるようにしようとは思っていますが、中々手が回ってない状態です。