小説 『贖罪』 湊 かなえ | サウンドカフェ-SoundCafe-

2009.07.06

小説 『贖罪』 湊 かなえ

おススメ度:

ストーリー紹介

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

コメント

湊かなえ氏の小説、3作品目

読みました。。

1作目『告白』に非常によく似た書き方で物語が進んでいきます。
ただ、だからこそ1作目と比較しインパクトに欠けると感じてしまいました。
ストーリー、人物共に『告白』に比べると作者独特のアクが抜けてしまいなんか普通でした。
ちょい残念です。

次の作品に期待ですね(*^^*)

BLOG 内のカテゴリ