映画『永遠の0』 | サウンドカフェ-SoundCafe-

2013.12.24

映画

映画『永遠の0』

eiennozero

おススメ度:

ストーリー紹介

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

コメント

是非みてください。
絶対に泣きます!
劇場は鼻をすする音が凄かったです。


。。。なんて他人事ぶっこいてる僕も泣いてます。
ものすごくw

こんな風に書くとただ
”感動する良い映画なんだな”
なんて感じに受け取られると思いますが、僕たち日本人が今の時代を不自由も少なく当たり前のように生きているのはどういった経緯があって、どういった人たちの時代の先端にいるかが再認識できるという意味合いでいろんな人が見ればいいのにと思います。

こういった類の映画は何本か見ていますが、そのどれもで感動、というか胸にくるものがあります。

良い映画でした。もう一回見に行く可能性大です。

ちなみに百田尚樹さんの同タイトルの小説が原作です。流れは基本同じで、内容は小説、映画それぞれ負けてないです。映像だからこそリアルに感じられる場面もありましたし、小説だからこそできる細やかな描写もありました。どちらもオススメです。

一点だけ言わさせてもらうと最後の現代の空を見上げた時に出てきた幻想の零戦のシーンはいらなかったなぁ。あれは演出過多だ。。

BLOG 内のカテゴリ